ロゴ
HOME>特集>笑った時に見える銀歯!審美歯科で目立たなくすることが可能

笑った時に見える銀歯!審美歯科で目立たなくすることが可能

歯型

審美補綴とはなにか?

昭島にある歯医者さんには一般歯科だけでなく、「審美歯科」を掲げている歯医者さんも少なくないようです。一般歯科は受診したことがあるけれど審美歯科は、どのような歯科治療を受けられるのかイマイチ分からない・・という人も、いるのではないでしょうか。審美歯科治療はただ単に歯や口腔内のトラブルを治療で治すだけでなく、より美しい状態へと導く治療という特徴があります。例えば昭島にある歯医者さんでは審美歯科治療の一環として、歯の被せ物や詰め物の補綴物を白いものへと変える、「審美補綴」を行っている所も少なくありません。健康保険内の一般歯科治療で被せ物や詰め物を作ると銀歯になることが多く、笑った時に目立つため気になる人も多いようです。審美補綴では目立つ銀歯など金属製の補綴物を、天然の歯と同じようなカラーのものへと変えることができます。天然の歯に自然と馴染むので笑った時にも目立たないと、銀歯から審美補綴へと変える人も増えてきているようです。

治療

銀歯の代わりに人気なのがセラミックインレー

奥歯はブラッシングが行き届かず虫歯になりやすいと言われており、実際に虫歯になって奥歯が銀歯になっているという人も多いでしょう。ただ、銀歯の詰め物だと口を開けた時に健康な歯と色味が違い過ぎるため、目立ってしまうという難点があります。もし、奥歯の銀歯がコンプレックスになっているという場合、銀歯の代わりになるセラミックインレーに変えてみるのがおすすめです。昭島市にある審美歯科治療を受けられる歯医者さんでも、セラミックインレーを選ぶ患者さんが増えています。奥歯の噛み合わせ部分に詰める詰め物は、インレーと呼ばれておりセラミックインレーは文字通り、セラミック製のものが使われます。セラミックは陶器素材で天然の歯と同じような色味を出せるのが特徴で、奥歯に使っても他の歯から浮いてしまうということがありません。口を開けた時に詰め物が目立たないということもあり、銀歯からセラミックインレーへと変更する患者さんは増加しています。